【看護師の単発派遣】デイサービスで実際に働いてみました

看護師の働き方として、単発派遣というものがあります。1日だけ勤務することから、単発バイトと言われることも。

今回は、私が実際にデイサービスで単発派遣をしたときの流れをまとめました。単発で働く場合、業務内容はどういうものなのか。時給はどの程度なのかなど、参考になれば幸いです。

目次

デイサービスとは

【看護師単発派遣】デイサービス体験談

デイサービス(通所介護)は要介護認定を受けた方が日帰りで施設に通い、食事や入浴などの日常生活上の支援や、リハビリなどを受けられるサービスです。

利用者が自宅で自立した生活を送れるよう、また、社会的孤立感の解消や、家族の介護負担を軽くする目的で実施されます。

デイサービスで働く職員は、生活相談員、介護士、看護師、機能訓練指導員(理学療法士や柔道整復師など)様々なスタッフがサービスを提供します。

デイサービスでの看護師の役割

デイサービスにおける看護師の役割は、利用者の健康管理になります。

  • バイタルサイン、全身状態のチェック
  • 入浴可否の判断
  • 軟膏塗布、創傷処置、ストマ管理
  • 服薬管理
  • 血糖測定・インスリン注射
  • 点眼介助
  • 自己注射見守り
  • 経管栄養注入(加圧バッグの場合もあり)
  • 吸引
  • 尿道留置カテーテルの管理、尿破棄

などなど

その他、トイレ介助や食事介助、リハビリのサポートなども行います。また、バイタルや簡単な記録を書く業務もあります。

医療的な処置は少ないですが、事業所ごとに求められる内容は様々です。

フキ

利用者さんの要介護度も事業所によってまちまちです。

求人はどんな感じ?

私が実際に利用しているではデイサービスの単発求人は多数あります(勤務地にもよります)

ほとんどが看護師業務ですが、なかには介護業務での募集も見かけます(その場合、入浴介助あり)

勤務時間は日勤、半日のいずれか。時給は大体1,800円~2,200円程度です。

MCナースネットでは実際に求人検索もできますので、興味がある方は見てみてくださいね。

派遣会社に問い合わせ

気になる求人があれば派遣会社に電話で問い合わせをします。

事業所名や交通手段、業務内容、持ち物、注意事項などを一通り説明してくれるので、自分の希望とマッチしていれば勤務希望の旨を伝えます。

その後、派遣会社が先方に問い合わせをしてくれます。先方も受け入れOKの場合は、派遣会社から業務当日の詳細がメールで送られてきます。

フキ

問い合わせ時に、人員充足で募集が終了しているケースもあります。

デイサービスでの実際の看護業務について

【看護師単発派遣】デイサービス体験談

勤務前日まで業務内容を確認しておく

勤務当日が近づくと、派遣会社から書類一式が送られてきます。労働条件通知書や業務内容書が同封されているのでよく確認します。

特に、交通手段は要チェックです。初めて行く場所はバスや電車の乗り換えの時間が読めない場合があるので、時間には余裕を持って移動した方が安心です。

必要な持ち物のなかに持っていないものがあれば事前に準備しておきます。

デイサービス半日勤務をしてみた

今回、私はデイサービスの半日勤務を経験したので、そのときの流れを書いてみますね。まず、派遣会社から事前にもらった業務情報は以下のようなものでした。

  • 形態:半日(AM)
  • 時間:9:00~13:00
  • 休憩:0:00
  • 持ち物:制服は上のみ貸与、ズボン、内履き持参、印鑑(記録の訂正の際に使用)
  • 業務内容:デイサービスにおける看護師業務
  • 支払:1850円/時
  • 備考:定員○名、利用者様○名、看護師2名体制・介護度○~○、○曜日:ガーゼ交換 ○曜日:カルシウム注射の見守り
フキ

実際は看護師1名体制の事業所が多いです。

出勤~退勤までの流れ

  • 8:45 出勤。ロッカーを借りてユニフォームに着替える(事業所によっては貸し出しあり)
  • 9:00 常勤の看護師と手分けして到着した利用者さんのバイタル測定(入浴可否の判断)
  • 9:30 入浴者の皮膚の観察や軟膏塗布、爪切り(必要時)
  • 10:30 点眼介助、昼食後薬のダブルチェック
  • 11:00 食前薬を配る、バイタルや事務的な記録(送迎時間や送迎前の体温など)
  • 11:30 食前薬の服薬介助
  • 12:00 食事介助、昼食後薬の服薬介助、口腔ケアの介助
  • 12:30 食事量チェック、記録
  • 13:00 勤務終了

今回は常勤の方と勤務だったため、色々教えて頂きながらの業務となりました。

私が勤務したところは要介護度が低く、医療処置もほとんどありませんでした。リハビリもリハスタッフが行っていたので私は関与していません。

フキ

看護師1名体制の場合は、周囲のスタッフに聞きながら業務をこなしていきます。

デイサービス単発派遣の大変なところ

単発派遣のすべてにおいて言えることかもしれませんが、利用者さんの名前と顔が一致しないことが一番苦労しました。

バイタル測定もそうですが、与薬の際もかなり緊張します。スタッフの方が一人一人教えてくれるのですが、誤薬が怖いので自分でも確認は慎重に行いました。

デイサービス単発派遣の良かったところ

デイサービスは社交場でもあるので、利用者さんの多くがなごやかに談笑して過ごしています。精神的プレッシャーがかかる病院とは違い、ピリピリした空気感がないので穏やかに働けるのが良いところだと感じました。

デイサービスの単発派遣が向いている人は?

デイサービスの単発派遣は以下のような方におすすめです。

  • 高齢者看護に興味がある
  • ブランクがあり職場復帰が不安
  • 落ち着いた雰囲気で働きたい

デイサービスは多くの高齢者と接します。そのため、高齢者看護に興味がある方や、高齢者とのコミュニケーションが好きな方には向いていると思います。

また、病態が落ち着いている方が多いので医療行為は少ない傾向にあります。わからないことがあっても周りのスタッフの方が教えてくれますし、ブランクがある場合でも安心して働けます。

病院とは違って緊迫した空気感もないため、精神的なゆとりを持って働きたい方にもおすすめです。

単発派遣で働くには

単発派遣は1日だけの勤務で、勤務先も様々選べます。本業の合間にアルバイトがしたい、病院以外の職場も経験してみたいという方にはおすすめです。

フキ

色んな職場を経験できる楽しさもあります。

私が利用しているMCナースネットでは数多くの単発求人を扱っています。会員登録をしておくと、あとは自分のタイミングで好きなときに働くことができます。

今の時期だとコロナ関係の仕事も多く、ワクチン接種や療養ホテルなどの求人も多数見かけます。色んな働き方ができますので、興味のある方はぜひMCナースネットのサイトを見てみてくださいね。

よかったらシェアして下さいね
  • URLをコピーしました!
目次